日産ゴーン社長かく語りき

《「優れたリーダーになるための条件とはなんですか」---。4月2日行われた日産自動車の入社式では、カルロス・ゴーン社長に対する質疑応答の時間が設けられており、ある新入社員は英語でこう質問した。

これに対し、ゴーン社長は3つの条件を挙げた。まず最も重要なものは「意欲」で、「自己満足に陥ってはいけない。常にベストを尽くし、より高い目標を目指さなければならない」と述べた。

そして2番目は「共感能力を上げること」。つまり、人との心の通い合いが重要で、いい仕事をするにはこの能力を上げないといけないわけだ。

3番目は「実績」で、「リーダーは実績をあげないといけない。それも人並みではいけない」とゴーン社長は強調した。》

これらは、どんな職業にも通じることですね。
こういう発言をとっさにできる事自体がリーダーの資質の一つだと思います。
気になるのは、3番目の実績です。
ゴーン社長がリーダーとしての条件に本当に当てはまるのか試されるのは、これからだと思いますから。

《もちろん、日産の場合、英語ができることが前提条件で、英語ができないとこれらの能力が高くても、なかなか出世ができないようです。》・・・・・
(引用:carview.co.jp)
がんばれニッポン!自動車 Ranking

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。